2017.06.01更新

美白は一日にしてならず!毎日気を付けたい外出時・室内での日焼けポイント

美肌Begin編集部
  • Facebook
  • Tweet
  • LINEで送る

シミやくすみがなく、透明感とうるおいのある肌こそが「美白」と言うコトバに込められた理想の肌。

美白をめざすのであれば、美白を謳った化粧品やサプリメントでも、高価なエステでもなく、なによりもまずしなければならないのが、紫外線対策です。

紫外線対策は完璧ですか?

屋外でスポーツをするときに、日焼けをしたくない人は日焼け止めクリームを使用すると思います。

また普段から日焼け止め効果のある下地クリームを使用したり、日傘を持ち歩いて、日焼け対策をしている人も多いと思います。

しかし洗濯物を干す際や、ごみを捨てに外にでる一瞬など、そこまで徹底して日焼け対策ができている人は少ないのではないでしょうか?

また室内にいても知らず知らずのうちに日焼けをしているのです。

今回は普段から美白を意識している人でも、うっかり見落としがちな日焼けポイントとその対策についてまとめてみました。

紫外線のおさらい

日焼けポイントに入る前に、まずは紫外線と日焼けの種類についておさらいをしたいと思います。

地表に降り注ぎ、肌にダメージを与えるのは、UV-A(紫外線A)とUV-B(紫外線B)の2種類の紫外線です。
それぞれの特徴とそれを防ぐ日焼け止めの指標をみてみます。

UV-A(紫外線A)

波長:長い
特徴:皮膚の奥にまで到達し、真皮の組織を破壊することで、老化やシワの原因となる
日焼け止めの指標:PA(PA ++ など)

UV-B(紫外線B)

波長:短い
特徴:肌が赤く炎症する原因となる。色素細胞を刺激し、メラニン色素ができるとシミの原因となる
日焼け止めの指標:SPF(SPF 20 など)

うっかり見落としがちな日焼けポイント

日焼けするかどうかは、太陽の光が直接肌にあたるかどうかできまるのでしょうか?

ここではうっかり見落としがちな、日焼けポイントについてみていきましょう。

日傘や日陰

日傘を使えば紫外線は防げる?

直射日光のあたらない、木陰や日陰にいれば紫外線のダメージは受けない?

残念ながら答えはノーです。

紫外線には太陽から直接降り注ぐ「直接光」と、空気中に錯乱している「錯乱光」の2種類があります。

また地表に降り注ぐ紫外線量の50~60%は錯乱光によるものです。

日傘を使ったり、日陰にいれば「直接光」は防ぐことができますが、「錯乱光」は防ぐことができません。

また地面からの照り返し(反射)でも日焼けします。

室内

では室内にいれば安心でしょうか?

UV-B は窓ガラスによって遮断されますが、UV-Aは窓ガラスを通過し、室内に到達します。
窓際の明るい場所であれば、窓ガラス越しでも、なんと屋外に降り注ぐ紫外線の80%近くが室内に到達しています。

また、窓ガラス+カーテンでも50%、日の当たっていない室内であっても散乱光によって10%程度は到達するようです。

曇りの日や雨の日

曇りの日や雨の日は、紫外線対策もついつい油断しがちになりますよね。

確かにUV-Bは雲に遮られて量は減りますが、UV-Bは違います。

なんと、曇りの日で80~95%、雨の日では20~50%程度のUV-Bが地表に降り注いでいるのです。

目の日焼けは美白の大敵?!

美白のためには、肌を紫外線から守るだけでは不十分なのをご存知ですか?

瞳に大量の紫外線が入ると、脳からの指示によってメラニン色素が作られ、肌は日焼けをしたように黒くなってしまうのです。

紫外線から肌をいくらガードしても、目が日焼けしてしまったら、せっかくの苦労が水の泡。

サングラスと帽子を活用して、紫外線から目を守りましょう。

なお、サングラスは紫外線カット機能がついたものを選ぶことが大切です。

暗い色のサングラスによって目に入る光の量が減ると、瞳孔が開きます。

紫外線カット機能がついていないサングラスの場合、開いた状態の瞳孔にたくさんの紫外線が降り注ぐことになり、大変危険です。

紫外線対策はこれで決まり!

たとえ外出しなくても、たとえ雨が降っていても。太陽がでている限り紫外線の影響を受けるので、毎日の対策が必要です。

ここでは、シーン別の紫外線対策についてみていきましょう。

日焼け止めの塗り直しはどうする?

どこにいても紫外線対策は必要。

では、朝顔を洗って日焼け止めクリームをつけたら、その日1日は安心でしょうか?

日焼け止めクリームの効果は、時間と共に薄れていきます。

また汗をかいたり、手やタオルでこすった場合も日焼け止めクリームの効果は薄くなってしまいます。

しかし、ファンデーションやパウダーをつけている場合、その上から日焼け止めクリームの塗り直しをするのは現実的には難しいですよね。

そこでおススメしたいのが、パウダーです。

紫外線が多く降り注ぐ春から夏にかけては、日焼け止め効果のあるパウダーをおススメしますが、紫外線量の少ない時期であれば普通のパウダーでも大丈夫。

顔に浮いたアブラをティッシュで押さえたら、顔全体にパウダーを乗せましょう。
パウダーが紫外線から肌を守ってくれます。

お化粧をしない日の紫外線対策

1日自宅で過ごす予定で、ノーメークの日もあるでしょう。自宅でゆっくり過ごす日には、肌を休ませてあげたいですよね。

そんな願いをかなえてくれるのが、天然のオイル!

天然のオイルの中には、市販の日焼け止めクリームほどの効果はないものの、日焼け止め効果が期待できるオイルがあります。

天然のオイルの中でも一番のおススメが「ラズベリーシードオイル」です。

ラズベリーシードオイルの特徴はなんと言っても、UV-A、UV-B 両方に対して紫外線を防ぐ効果が期待できる点。

通常、天然のオイルで防ぐことができるのは、UV-Bのみと言われています。

しかし家の中まで届く紫外線は、UV-Aでしたね。

だから、UV-AもUV-Bも防いでくれる「ラズベリーシードオイル」なのです。

日焼け止めクリームと違い、ラズベリーシードオイルならクレンジングいらずで、通常の洗顔だけで済むのもうれしいですよね。

日焼け止めクリームについて

最後に、日焼け止めクリームについて少し触れておきたいと思います。

美白には、紫外線対策が重要であることはすでにお伝えした通りですが、紫外線から肌を守りたい一心で、SPF値の高いものやウォータープルーフタイプの落ちにくい日焼け止めクリームを使い続けるのも考えものです。

なぜならそのような日焼け止めクリームは肌に大きな負担がかかるからです。

落とし切れなかった日焼け止めが肌のトラブルの原因となっては、美白は遠のくばかりで、本末転倒。

日常生活であれば、SPF値は10~20程度、PA値は++もあれば十分すぎるほどです。

効果の高い日焼け止めクリームを使うのではなく、小まめな塗り直しや、日傘・帽子との併用を心がけましょう。

 

また春から夏にかけて紫外線量が増えますが、1日でみると正午前後(10時~14時)は特に紫外線が強い時間帯となります。

紫外線が強い時間帯は避けて外出するのも、紫外線によるダメージを減らすポイントとなります。

いろいろな肌トラブルや見た目年齢の老化へもつながってしまう紫外線。浴びる前にしっかりと予防しましょう!