思春期に多いおでこのニキビの原因と正しい治し方

美肌Begin編集部
  • Facebook
  • Tweet
  • LINEで送る

おでこは、思春期ニキビ、大人ニキビともにできやすい場所です。

おでこのニキビは、髪型によってはとても目立つので気になりますよね。

おでこにニキビができやすい原因と、その対処方法についてまとめてみました。

おでこにニキビができる原因

なぜ、顔の他の部分に比べておでこにはニキビができやすいのでしょうか?

おでこの皮脂

皮脂は皮脂腺から分泌されますが、実は、おでこは体の中で一番皮脂腺が多い部分です。

当然、顔の中でもおでこは他の部分に比べて皮脂の分泌が多く、同じように皮脂の分泌が多い鼻筋を合わせて、その形から「Tゾーン」と呼ばれています。

皮脂の分泌が多いので、毛穴に皮脂が詰まりやすくなります。

そこに、前髪や整髪料などの刺激が加わることによって、ニキビができやすくなるのです。

前髪や整髪料の刺激

おでこにニキビができると、それを隠すために前髪をおろした髪型にしがちですが、この前髪がニキビができる原因や悪化する原因になることもあります。

細い髪の毛の先が毛穴に触れたり入ったりすると、髪についている雑菌が、皮脂の詰まった毛穴で増えてニキビになることがあります。

また、整髪料が前髪からニキビに付くと、それが刺激になってニキビが悪化することがあります。

おでこのニキビのケア

では、ニキビがおでこにできた場合はどうすればいいのでしょうか?

皮脂を取りすぎない

皮脂はニキビの原因の一つですが、取れば取るほどいいというものではありません。

皮脂を取りすぎると、肌はそれを補おうとしてさらに皮脂を分泌し、結果として皮脂過剰の状態になってしまいます。

特に、洗顔のしすぎやあぶらとり紙の使いすぎは、皮脂の取りすぎにつながるので要注意です。

洗顔料を使った洗顔は入浴時と朝ぐらいにとどめ、おでこの皮脂が気になるときは、あぶらとり紙よりも皮脂を取りすぎないティッシュで軽く押さえるようにしましょう。

髪型と整髪料に注意する

おでこにニキビができている時は、できるだけ前髪がかからないような髪型をおすすめします。

特に、スプレーなどで前髪をかため、おでこに貼りつけるような髪型はNGです。

髪の毛先と整髪料、両方の刺激をニキビに与えることになります。

どうしてもニキビを隠したいときは、前髪で隠すのではなく、油分の入っていないコンシーラーを部分的につけるとよいでしょう。

必要に応じて、ニキビ用の薬をつけてからコンシーラーをつけてください。

 

上手にケアすれば、おでこのニキビの悪化をふせぐことができます。

一日でも早く治るように、また、治ってからも再発しないように頑張ってケアしてくださいね。