2015.04.17更新

あごニキビの原因と正しい治し方

美肌Begin編集部
  • Facebook
  • Tweet
  • LINEで送る

一度できると悪化しやすく、何度もくりかえすニキビの一つに、あごのニキビがあげられます。

なぜ、あごにニキビができやすいのでしょうか?

そして、あごのニキビを悪化させないためには、どうすればよいのでしょうか?

あごのニキビの原因

では、なぜあごにニキビができやすいのか、その原因をみていきましょう。

なぜあごにニキビができるの?

あごはTゾーンの一部

いわゆる「Tゾーン」は、顔の中でも、特に皮脂の分泌量が多い額の部分と鼻の部分の並びを指しますが、実は、あごも皮脂の分泌量がかなり多く、時にはTゾーンの一部として扱われている部位なのです。

あごはターンオーバーに時間がかかる

また、あごは顔の中でもターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅い部分です。

あごを触った時に、ザラつきを感じたことはありませんか?

ターンオーバーに時間がかかる分、あごには古い角質が残りやすいのです。

あごの毛穴は詰まりやすい

あごの毛穴は額や鼻ほど大きくはないので、皮脂や古い角質がすぐに詰まってしまいます。

その状態だと、白くてブツブツしたニキビなのですが、そこに雑菌が入りこんで炎症を起こすと、赤い悪化したニキビになってしまいます。

あごのニキビの予防と対処法

では、あごのニキビはどのように予防すればよいのでしょうか?

また、あごにニキビができた場合は、どうすればよいのでしょうか?

予防には洗顔

あごに限らず、ニキビを予防するために洗顔は欠かせません。特にあごやあごの下は洗い忘れることが多いので要注意です。

肌の乾燥を招きますので、洗いすぎには気をつけなければいけませんが、あごは古い角質が残りやすいので、しっかりと洗顔してください。

ザラつきが気になる場合は、軽いピーリング剤をあごの部分だけに使うのも一つの手です。

悪化を防ぐ

あごのニキビは悪化することが多く、悪化してしまうと治りにくい部分です。

ですから、あごにニキビができてしまった場合、一番に気をつけることは悪化させないこと。

少しでも炎症を起こしていたら、化膿がひどくなる前に適切な薬を早めにつけるとよいでしょう。

また、刺激を与えないようにすることも大切です。

触らないようにする、潰さないようにするのはもちろんのこと、あごに触れる服や寝具は清潔にしましょう。

また、冬場や花粉の季節にマスクをする場合、マスクのこすれが刺激になります。

マスクのサイズを選んで、あごのニキビに触れないようなつけ方をしてください。