2017.02.02更新

腸は第二の脳!簡単運動で便秘解消!

美肌Begin編集部
  • Facebook
  • Tweet
  • LINEで送る

便秘でお腹が苦しい…そう、誰もが感じことがあるのではないでしょうか?

平成25年度の厚生労働省の発表によると、ほぼ3人に1人が便秘の自覚があるということが分かりました。

私はリハビリを専門とする理学療法士として、身体に関わるすべてのケアに携わっていますが、骨折や筋力低下に関する声よりも、便秘で困っている!という声が多いと感じています。

苦しい便秘、その解消には、まず「腸」を知ることが重要です。

「腸」を知れば、便秘攻略は楽勝です。簡単な運動と組み合わせて、便秘を解消しましょう。

こんなことまで?どんどん解明される腸の最新知識

腸についての研究は日々進んでいます。腸の理解が進むにつれ、その重要性は高まり続けて、今や腸は「第二の脳」とまで言われるようになりました。なぜでしょうか?

理由はこちらです。

独自の神経系があり、脳へのサインも送る

食道から肛門まで続く腸の長さは9mもありますが、この中には1億子以上の神経細胞があります。

この独自の神経系の働きは、いまだ全ては解明されておらず、中枢神経系とみなす説もあります。ただ、脳からの伝達がなくても、腸は働くことは分かっています。

ホルモンの分泌が脳の次に多い

ホルモン分泌は脳で頻繁に行われていますが、実は腸は脳の次にホルモンを分泌しています。

特に最近注目されているのは、セロトニンです。これは「幸せ物質」とも呼ばれています。このセロトニンの95%が、腸から分泌されていることが分かっています。

身体全体の70%の免疫細胞が存在

例えば、便秘によって腸の活動が制限されると、免疫細胞の働きが下がり、感染症にかかりやすくなります。

このように、腸は食べ物の消化だけでなく、身体の体調に関わる多くのことに関与しているのです。

だからダメだったのか…腸と便秘の関係

腸は、便を身体の外に送り出すために蠕動(ぜんどう)運動をします。

胃に食べ物が入ってくると、胃の中の壁が反応し、脳から腸に指令が出て蠕動運動が始まります。

逆に、胃に食べ物が入ってこないと蠕動運動が起きにくいため、便秘や免疫力低下に繋がってしまいます。

そのため、まずはご飯をしっかり食べることが重要です。水分や食物繊維など、いろいろ便秘解消に役立つ食べ物はありますが、それは二の次です。

まずは何でもいいので、きちんと食べる習慣をつけましょう。基本的な食べる習慣を怠らずに行うだけで、人の身体は良くなります。

具体的には、

  • 1日3食
  • メニューは主食、主菜、副菜、汁物
  • 腹八分

を心がけましょう。

旦那にわかってもらえない!女性に便秘が多いわけ

個人差はありますが、日本人女性の半数以上には、便秘の症状があると言われています。理由はこちらです。

身体のつくり

女性は、男性に比べて腹筋が弱いため、お腹の中の内臓が入っている腹腔という空間に圧力がかかりにくいです。この腹圧が弱いと、腸への刺激が弱くなり、腸の運動を引き出しにくくなります。

ホルモンの作用

女性ホルモンの1つである、プロジェステロンという黄体ホルモンが大きく影響します。

黄体ホルモンは、身体に水分や塩分をためるように指示を出します。そのため、腸の壁から便の水分が吸収され、便がかたくなります。そして便の腸内での流れが悪くなり、出にくくなります。

食事の摂取量が少ない

女性は、ダイエットなども含め、男性に比べて食事の摂取量が少ないです。そのため、胃へ食べ物が送り込まれたという反応が弱くなり、腸の蠕動運動が機能しにくくなります。

先ほどもご説明した通り、蠕動運動が起きづらいことは便秘に直結します。

また、食事摂取量が少ないため、そもそも便自体の量も少ないです。これも、便が腸内にたまりやすいことも理由の1つです。

これならできる!便秘を解消する超簡単運動!

便秘解消に重要なのは、腸に蠕動運動をしてもらうことです。胃を反応させるほかに、もう一つ指令を出す方法があります。それが、運動です。

腸はお腹の中の空間に、靭帯などの組織に吊られた状態で存在します。左右にお腹をひねることで、お腹の横の筋肉である腹斜筋を使いながら、腸自体にも刺激を与えられます。

また、リラックス効果も期待でき、蠕動運動を促進できます。

  1. 仰向けに横になる
  2. 両ひざを立てる
  3. お腹をひねるように、ひざを左右にゆっくり倒していく
  4. 3.を少なくとも5分間くり返す

ポイントは、「腸を動かす」イメージをすることです。

イメージすることで脳や腸が運動するモードになり、より効果的な運動ができます。寝る前の5分でいいので、自分に合ったゆっくりとしたスピードで行ってみてください。

まずは1週間ほど続けてみましょう。それだけで、つらかった便秘によるお腹の違和感はすっきりするはずです。

 

これからの人生、便秘を気にせず、快調な生活をしてみませんか。

ぜひ試してみてください。