2016.09.05更新

深いシワにお悩みの方必見!塗るボトックス 「アルジルリン」で若肌ゲット♪

美肌Begin編集部
  • Facebook
  • Tweet
  • LINEで送る

 年齢とともに増加していく、老け顔に見える原因の一つといえば「シワ」。

鏡を見ながら肌の手入れをしていた時に、なんとなくシワが増えたなと思ってショックを受けた経験は誰にでもあるはずです。

一般的に年齢を重ねていけばいくほど、シワを完全に取り除くのは難しく、クリニックに行って注射をしてシワを取り除く施術もあります。

その一つがボトックス注射と呼ばれるものです。

ボトックスは、ボツリヌス菌が作り出す毒素を最大限に弱めた薬です。それを注射器を使い筋肉と神経のつながっている部分に注入することで、局所的に筋肉の動きを弱め、表情しわを改善しようというのがボトックス注射です。

即効性が高く、驚くほど改善されますが、効果は半年程度しか持たないために何度もやる必要があります。

平均的な費用は1部分につき1万円~5万円ほどで経済的負担も大きく、顔に針を刺すことへの抵抗感も少なからずありますよね。

効果が持続して経済的で、針を使わないシワ対策はないかと開発されたのが「アルジルリン」です。

「アルジルリン」って何なのか、詳しく見てみましょう。

「アルジルリン」とは?

「アルジルリン」は、スペインの会社で生まれました。

スペインは世界でも指折りの美容先進国として知られているにもかかわらず、当時ボトックス注射が禁止されており、ボトックス注射による施術が受けられませんでした。

それでも国内から使用したいという声が多かったのか、代替品として開発されたのがアルジルリンです。

アルジルリンの実態は植物由来の合成ペプチドで、アミノ酸が6つくっついた形をしています。

表示ラベルなどにはアセチルヘキサペプチド-8(または3)と正式名称で記されています。 このペプチドとは、もとはたんぱく質の一種です。

たんぱく質がアミノ酸になる前の代謝物質で、たんぱく質に比べ非常に分子量が小さいです。

そのため肌に浸透しやすくなります。 即効性のある成分ではありませんが、使い続けることによってシワに対して驚くべき効果が期待できます。

「アルジルリン」の驚くべき効果って?

アルジルリンは、筋肉の動きの元である神経伝達物質が放出されるのを抑えてくれます。

その物質が放出されすぎると表情筋が固まり、いわゆる「笑いシワ」などができやすくなります。

放出されなくなると表情筋の動きが緩やかになり、シワができにくくなります。

そのため、シワを改善するというよりもこれから先「シワを作らなくする」効果が高い成分です。

その効果が高いため、「塗るボトックス」と言われています。ボ

トックス注射のようにメスを使わないですし、注射の場合は強すぎて表情がなくなってしまう副作用もあるようですが、そのようなこともないので安心して使用できます。

スペインのアルジルリン開発会社が行った実験結果によると、毎日2回アルジルリンを使用したモニターは15日~30日くらいで効果を実感したようです。

即効性のある注射と比較してしまうとやはり日数はかかってしまいますが、顔に針を刺すことなく、経済的にシワの改善が図ることができます。

表情筋にも長期間にわたり働きかけることから、「作らないようにする」という意味でも使いやすく、とても効果的だといえます。

使い続ければ使い続けただけ アルジルリンはもともと「ボツリヌス菌」という毒素が主原料になっているので、副作用を心配する方もいるでしょうが、人体に影響がないくらいに薄めて使用されますので、きちんと認可されたアルジルリン配合の化粧品を使う分には問題はありません。

もともとの成分が植物由来のアミノ酸、ということからも分かる通り、アレルギーなどの副作用も確認されておらず、非常に安全性が高いのも魅力の一つですね。

「アルジルリン」配合化粧品の選び方

アルジルリンは水に溶ける、水溶性のペプチドです。

そのため、肌のバリア機能を通過する前に取り込まれてしまい、奥深くまで浸透しないといわれてきました。

しかし今は他の浸透力が高い成分と一緒にすることでアルジルリンも奥まで浸透しやすくなり、総合的なアンチエイジング商品として美容液やクリームなどに配合されています。

シワ対策のみに用いるのであれば、浸透しにくいアルジルリンを「どのように浸透させるか」という工夫がみられる美容液やクリームがいいでしょう。

同じシワに効果のある物質「シンエイク」やうるおい成分として有名な「ヒアルロン酸」などと一緒に配合されている化粧品もあります。

対して、シワ対策もしたいし、シミ対策もしたい、という場合は美白成分のプラスされた化粧品を選ぶのが効果的です。

そのように自分がなりたい理想肌と現実の肌質を見極め、わからなければメーカーやデパートのカウンターで直接聞いてみるといいですね。

どっちにしても、肌に合うか合わないか、効果が出るかそうでないかは試さないとわからないもの。

一度手に取って、年齢の気にならない、シワなしの究極美肌を目指してみませんか?