2016.08.17更新

脱毛に通っている間の注意点

美肌Begin編集部
  • Facebook
  • Tweet
  • LINEで送る

脱毛サロンで脱毛をスタートさせたら、あとは通うだけ!と思いがちですが、脱毛中は意外とこれはNGというものがあります。

特に、脱毛する日の前後は注意点がいろいろあるので気を付けるようにしましょう。

脱毛前に気を付けることとは?

脱毛する前は、肌のコンディションを整えておく必要があります。 なぜかというと、脱毛は少なからず肌へのダメージがあるからです。

また、肌の状態次第ではせっかく脱毛サロンに行ったのに断られることもあるので気を付けたいですね。

気を付けたいのは、肌が焼けていたり肌トラブルがある、肌が極度に乾燥している場合。

まず日焼けしていると、脱毛効果がないため断られます。

脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛は、フラッシュ(光)が黒いもの(ムダ毛)のみに反応することで効果を発揮します。

肌が黒い場合、フラッシュがうまく反応してくれなかったり、肌の負担が増えることもあるので日焼けは厳禁なのです。

傷などの肌トラブルがある場合も当然脱毛は受けられません。

肌の乾燥は意外と思うかもしれませんが、ミクロ単位で見ると肌がささくれ立って照射がうまくいかないことが多く、また乾燥した肌は痛みを感じやすいため、乾燥がひどい場合は断られるケースが多いそうです。

脱毛前は、脱毛に備えて肌を整えておくようにしましょう。

脱毛直後の注意点は?

脱毛直後の肌は、肌がとても敏感になっています。

一見普段と変わりなく見えることもありますが、実は肌の内部に熱がこもっていることが多いのだとか。

脱毛直後は、湯船に浸かることや運動、アルコールを飲むこと、日焼けは避けるようにしましょう。

入浴はぬるいシャワーのみOKですが、湯船に浸かったり温泉に入るのは避けましょう。

肌の内部の熱のこもりが抜けず、炎症したり痒みがでる場合があるからです。 同じ理由で、運動やアルコールの摂取も控えるようにしましょう。

日焼けに関しては、肌がデリケートになっている状態で紫外線に当たると肌トラブルの元になってしまいます。

脱毛期間中の注意点は?

できるだけ、肌を焼かないようにして次回の脱毛に備えましょう。

日焼けはただ黒くなることだけでなく、肌の乾燥やしみにも繋がります。

乾燥した肌では脱毛を断られることもあり、またしみなどの色素沈着がある場所は脱毛できません。

また、脱毛期間中のムダ毛のお手入れはできるだけ電気シェーバーを使いましょう。

カミソリは肌を削りやすいので避けた方が無難です。

毛抜きは毛穴を傷めたり、ブツブツができる原因になってしまうので、絶対使わないようにしてください。

 

脱毛期間中は、いつも以上に肌のケアを気にかけるようにしましょう。

特に保湿は肌トラブルを防いでくれるので、保湿成分のあるスキンケアアイテムを使うとさらに良いです。