2016.04.14更新

匂い対策大丈夫?デリケートゾーン専用「デオスプレー」で急なお泊りも安心♪

美肌Begin編集部
  • Facebook
  • Tweet
  • LINEで送る

彼と一緒に急に泊まることになって、そういう雰囲気になった時に、気になるのがデリケートゾーン。

陰毛の処理はもちろんですが、匂いや黒ずみが気になってしまう方も多いと思います。

そこで、いざという時にさっとケア出来て、安心して使えるケア商品があったら便利ですよね。

普段のデリケートゾーンの匂いの原因、ケア方法の基本的知識と併せて、ケア商品を見てきましょう。

デリケートゾーンのにおいの原因は?

デリケートゾーンは、角層が薄く、とても敏感です。

加えて、湿気があるために雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。

そんな薄い角質をゴシゴシ擦ってしまうと、すぐに傷ができ、傷から雑菌が繁殖して匂いの原因になってしまうことは明らかです。

また、アポクリン腺という汗を分泌する汗腺もあり、この汗から出る栄養分が雑菌の繁殖を助長して、匂いの原因になる場合もあります。

どちらにしても、毎日お風呂に入り、きちんと清潔な状態を保っている場合は気にならないものですが、特に生理時は、立ち上がった時や、座った時に何となく自分でも感じることがある人も多いのではないでしょうか。

そんな時に役立ってくれるのがデオスプレーです。

デオスプレーって何?

デオスプレーは、デリケートゾーンの雑菌の繁殖を防ぎ、匂いや黒ずみを抑える効果のあるスプレーのことです。

普通の石鹸では洗いすぎてしまい、逆に傷をつけてしまいますが、デオスプレーは成分はハッカエキスやイラスカエキスなどの植物由来の成分を配合しており、強い洗浄成分が入っていません。

傷ついた肌も、やさしく守ってくれるのが特徴です。

また、サイズもよくコンビニエンスストアなどに売っている、ミニボトルのサイズが多く、持ち運びにも便利です。

ローズなどのほんのり優しい、癖のない女性らしい香りがついている商品もあります。

デリケートゾーンのお手入れの注意点

お風呂に入ったり、デオスプレーでケアしていても、デリケートゾーンを必要以上に強くこすりすぎてしまうと、匂いや黒ずみの原因になります。

洗顔をするとき以上に、ふわふわの泡を作るなどして、やさしくなるべく擦らずに洗ってあげましょう。

また、膣内は常にPHが一定に保たれている状態ですので、奥までは洗わないようにするのが正しいです。

デオスプレーは、デリケートゾーンだけではなく、脇や足の裏などの気になるところにも使うことができる場合もあります。

ケアも楽しいと感じられるように、ソープ同様、お気に入りのスプレーを見つけられるといいですね。